History Rollei
Products History Top
1929年、ローライ社は世界で初めての二眼レフカメラ「ローライフレックス6×6」を 発表しました。
人の心に感銘を与え、伝説として語り継がれるカメラ…それが「ローライフレック ス6×6」です。
ローライ社
1920年、パウル・フランケとラインホルト・ハイデッケの二人がドイツ・ブラウンシュヴァイクにフランケ・ウント・ハイデッケ社を設立。ステレオカメラの生産から始まり、1929年には一大センセーションを巻き起こした二眼レフカメラ「ローライフレックス6×6」を発表するやいなや、あっという間にローライ社の名前は世界中に広まったのです。そしてローライの先進の技術と伝統は、数々の素晴らしいカメラを発表してきました。二眼レフカメラの進化、ベビーローライ発表を経て1966年にはもう一つの傑作機「ローライ35」を発売。1970年には一眼レフの製造に着手し、SL35、SL66、SLX等の名機を作り出しました。「ローライフレックス6×6」の発表以来ずっと写真の歴史に大きな影響を与えてきた「ローライフレックス」は、現在に至るまでたゆまぬ技術革新のもとに発展し続けています。そして、2003年には、ワイドローライ “ローライフレックス4.0FW”、世界発6x6cm判オートフォーカス一眼レフカメラ “ローライフレックス6008AF” を発売。さらに2008年には中判ハイブリッドカメラ “ローライフレックス Hy6” を発売。今までも、そしてこれからもローライは世界の最高峰としてのカメラ創りを続けて行きます。
1920年 フランケ アンド ハイデッケ社設立
1928年 世界初のローライ二眼レフカメラ誕生
1929年 ローライフレックス6x6発表
1931年 ローライフレックス4x4発表
1933年 ローライコード発売
1959年 テレローライ発売
1960年 ローライフレックス2.8F発売
1961年 ワイドローライ発売
1966年 ローライ35発表
1970年 6x6一眼レフ SL66発表
1974年 SLX発表
1987年 ローライフレックス2.8GX発売
1998年 株式会社駒村商会がローライ日本総代理店となる
1999年 ローライフレックス2.8GX復活
2000年 ローライ80周年を迎える
2001年 ローライフレックス2.8FX発売
2001年 スーパーコンパクトカメラ AFM35発売
2002年 レンジファインダーカメラ 35RF発売
2003年 “ワイドローライ”ローライフレックス4.0FW発売
2003年 世界初6x6オートフォーカス6008AF発売
2004年 ローライフレックスMiniDigi発売
2005年 ローライフレックス6008インテグラル2発売
2006年 ローライフレックスMiniDigi「限定赤バージョン」発売
2007年 株式会社駒村商会がローライモノクロフィルム日本総代理店となる
2008年 ローライフレックスMiniDigi AF5.0 発売
ローライフレックス Hy6 発売
コンパクトデジタルカメラ da8535 発売
ローライ三脚発売
2009年 ローライ雲台発売
2010年 DHW Fototechnik社設立
ローライ35ヴィンテージバージョン発売
2011年 ローライフレックス4.0FT発売
2012年 株式会社ケンコープロフェショナルイメージングが日本総代理店となる