パノラマフォーマットで撮る鉄道写真

風景とともに…鉄道写真

パノラマフォーマットでダイナミックな鉄道写真を撮りましょう。
山あいを走る列車、静かな駅にたたずむ列車、
夕日を浴びて走る列車、雪景色の中の列車…。
鉄道写真はいつも季節とともに、風景とともにあります。

パノラマフォーマットで、ダイナミックな鉄道写真を!!

6×12cmのパノラマフォーマットで、広大な風景や自然を背景に、ダイナミックな鉄道写真が撮影できます。
6×12cmの大画面では惜しむことなく風景を入れることができ、ダイナミックな写真に仕上がります。
また、長い車両にも対応するので、俯瞰撮影や横からの撮影など、様々なアングルでの撮影が可能になります。
下の写真は中判カメラの画面サイズの比較です。

6×12cmのパノラマフォーマット

鉄道写真だから、その姿を緻密に捉えたい。

ブローニーフィルムは私たちの想像を遥かに超えるほどの情報量を持っています。微細な質感の描写、豊かなグラデーション、クリアな発色など、求めていた美しい映像が再現します。最高級のレンズと大きなフィルムサイズの組み合わせで最高の画質が実現します。

ブローニーフィルムフォーマット

ホースマンSW612

ホースマンSW612はブローニーフィルムを使用し、6×12cmのパノラマフォーマットの撮影ができる中判カメラです。機動性を重視した軽量・薄型設計で手持ち撮影も可能です。画面サイズは6×12cm判の他に、ロールフィルムホルダーを交換することにより、6×9cm判、6×7cm判の撮影も可能です。

ホースマンSW612

選べるレンズ、10種類!

広角レンズから中望遠まで、世界の最高級ブランド“シュナイダー”“ローデンシュトック”製レンズユニット10種類が揃っています。

10種類のレンズユニット
●レンズによる画角の違い
サンプル